アーユルヴェーダの食事で解決!ヴァータ体質の為のケアまとめ

ヴァータ食事バランス

アーユルヴェーダでは、生まれながら持つ性質によって

【ヴァータ】/【ピッタ】/【カパ】と大きく分けて3つに分類しています。

 

また、複合型の体質を含めると下記のように全部で10種類のタイプに分けられます。

 

【1、ヴァータ|2、ピッタ|3、カパ|4、ヴァータ・ピッタ|5、ピッタ・ヴァータ|6、ピッタ・カパ|7、カパ・ピッタ|8、ヴァータ・カパ|9、カパ・ヴァータ|10、ヴァータ・ピッタ・カパ】

 

 

この、アーユルヴェーダの生まれながらの体質は『プラクリティ』と呼ばれ、精子と卵子が受精した瞬間に決まり、

「 一生変わらない  」とされています。

 

 

体質診断により、生まれながらの体質をみた時、

ヴァータ体質の傾向が強かったあなたは…

 

“ 「ヴァータ」が乱れやすい体質 ” と 捉えることができます。

 

 

ヴァータが乱れると、過剰なヴァータドーシャの影響で、

気分の変調が激しくなったり、不安や心配が強くなってくる傾向がありますが、

 

あなたはいかがですか?

 

 

アーユルヴェーダの食事で解決!ヴァータの乱れアンバランスの症

 

頭痛、心身の不安定、疲れOL

頭痛、心身の不安定、疲れ、不眠【ヴァータ】

 

ヴァータドーシャが乱れてアンバランスになった時は

心と身体に落ち着きのなさ、不安定さが増します。

 

また、

 

冷えや乾燥も強まり、食欲や消化力、排泄、睡眠や生理などが不安定になったり

 

頭痛や関節痛など痛みや麻痺に関連した症状が出ることもありますので注意が必要です!

 

 

手足が冷えてカサカサになったり、髪が乾燥してフケや枝毛が増える事もあり。
緊張型頭痛腰痛、などの体の痛みが出たり、便秘、不眠、生理痛などもヴァータの性の症状です。

 

 

《ヴァータを整える改善ポイント》

規則正しい生活

規則正しい生活、睡眠、心身の休息【ヴァータ】

 

◆ 心身の休息をとり、起床、就寝、排泄、食事の時間をはじめ、規則的な生活をおくりましょう。

 

◆ 香りや音楽(騒音や過剰な音の刺激を避ける)でリラックスすることを心がけましょう。

 

◆ 身体を常に温かく保つように意識する。入浴などで身体を温かく保ちましょう。

 

◆ 過度な疲労、過度な外出を避けましょう。

 

◆ 長時間の空腹を避けましょう。

 

◆ 食事は温かいもの、適度に油を含んだ消化のよい食べものを取りましょう。

 

◆ セルフオイルマッサージをするなど1日に1度はリラックスできる時間をとりましょう。

 

◆ 都会的な刺激を避け、なるべく自然の空気に触れましょう。

 

*晩秋~冬にかけては、ヴァータが増悪しやすい時期ですので、雨や雪で身体を冷やしたり風に当たったりしように、その時期には特に気遣いましょう。

 

 

 

アーユルヴェーダの食事☆体質別バランスを整える食物

 

バランスのいい食事

アーユルヴェーダ|一度の食事で6つの味

 

 

『同じ性質のモノが同じ性質のモノを増やし、

 反対の性質のモノが反対の性質のモノを減らす』

 

という法則でドーシャのバランスに影響していると考えるので、この作用をふまえ、自分の状態に合わせて、【6味6属性】を意識して食事をとれば、ココロやカラダのアンバランスを防ぐことができます。

 

 

《アーユルヴェーダ 6味6属性 》

 

まず、アーユルヴェーダでは、すべての食べ物には

 

【 甘味、酸味、塩味、辛味、苦味、渋味 】

 

の6種類の『味』と、

 

【 重性、軽性、油性、乾性、熱性、冷静 】

 

の6種類の『属性』があると考えます。

 

 

 

一度の食事で

 

【甘味、酸味、塩味、辛味、渋味、苦味】の6つの味のものを食べるのが基本

 

とされていますが、

個々の体質によりバランスを取る味をメインに持ってくることがポイントです

 

 

アーユルヴェーダの食事で解決☆ヴァータ体質の食生活について

 

調理する女性

油分のある火を通して温かいものが◎【ヴァータ食事】

 

☆ヴァータは消化力が弱いことを考慮し、調理法にも気をつけることをおすすめします!
冷性の食べもの(体を冷やす食材)はヴァータを増やしますので、生ものは避け、蒸したり油で炒めたりして必ず火を通して温かいうちにいただきましょう。

 

 

また、カフェインなどの刺激物で体調を崩しやすいため、取り過ぎないように気をつけましょう!

 

 

 

《バランスを崩す原因》

慌てて急ぐ女性

不規則・忙しく食事を抜く【ヴァータバランス崩す原因】

 

ヴァータを乱す大きな原因は、食事の時間が不規則になることです。
そして慌ただしく食べたり、食べ歩きをしたり、忙しいからといって食事を抜いたりすることもヴァータのバランスを崩す原因になるので注意が必要です!

 

また、辛味、苦味、渋味の食べ物や、生野菜や冷凍食品、乾燥した食品、苦味の強い食品など冷たく乾燥した食べ物もヴァータを増やします。

 

 

《オススメされる食物》

バランスのよい食事

甘味・酸味・塩味/重く,温かく,油気【ヴァータ】

 

では、具体的にどのような食がいいのでしょうか。

 

味は、薄味ではなく、濃い味付けのほうが適しています。

 

ヴァータにおすすめの味甘味、酸味、塩味をメインに持ってくるといいです。
甘味はエネルギーを補給し、酸味は消化を助け、塩味は体の保湿を助けます!

 

油分を適度に含んでいる事も必要で、重く、温かく、油気、湿り気のある食品がヴァータの場合はオススメです。程よく油をふくんだ野菜炒めなど、油で炒める調理法を取り入れるとよいです。

 

 

〈控えた方がいい食材〉

生野菜サラダ

生のもの、冷たいものは控える【ヴァータ】

 

* 生野菜など生の食べもの ※ 冷凍食品、冷たい食べ物 ※ 揚げ物 ※ シリアル、ドライフルーツなどの乾燥した食べもの ※ じゃがいも * チリ、ホットパプリカ

 

〈オススメの食べもの〉

スパイスMIX

適度なスパイス・ナッツなどGOOD【ヴァータ】

 

* 小麦、米(やわらく炊いた玄米) * 肉、ゴマ製品、 * 適量のナッツ   * 適度なスパイス  * 適度なスパイス * ギー、オリーブオイル、ひまわり油 * 精製白砂糖を除く甘味、非加熱のはちみつ * 熟した果汁の多い果物 * お白湯 * すべての乳製品

 

 

まとめ

11a0078421c806ac276eb0ae2c97c44a_s

 

食事時間を規則正しく三食食べることと、ゆっくりとした気分で、ゆっくり食べる事が大切です!

 

ヴァータを増やす味、辛味、苦味、渋味の食べ物や、生ものや冷たいものはできるだけ避けて、火をよく通した、温かいものを食べるように意識しましょう。

 

 

ヴァータ体質の人やヴァータが乱れている人は、

冷えやすく、乾きやすく、不安定な性質があり、エネルギーをあまり溜められないという特徴があります。

 

ヴァータのバランスを取るために、ご紹介した食事法(鎮静法)と取り入れて、さらには、ご自宅でオイルを使ったセルフマッサージなどもヴァータ体質やヴァータ増悪時にはとても効果的です!

 

【 自宅でできる、セルフマッサージ】の記事も参考に♪

 

 

:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

☆ E-book 無料プレゼント☆

アーユルヴェーダを学んでみたいあなたぺ・:,。゚・:,。

アーユルヴェーダセラピスト講座 入門編

 ■【 アーユルヴェーダ体質診断 総まとめ集 】完全保存版☆

わたしが2,000人以上の体質診断カウンセリング経験で得た体質別データー全公開!

 

▼ ▼  ダウンロードページへはこちらからどうぞ〜♪ (^^*)  ▼ ▼

E-book画像

【無料プレゼント】アーユルヴェーダ体質診断の総まとめ集

 

 

ヴァータ食事バランス

今までのわたしの体質診断のノウハウを入門テキストとして ギュギュっとまとめて、しかも無料で配布することにしました。『あなたの体質を診断してみませんか?』

MIE
はじめての方でもわかりやすく!をテーマに、「《入門編》アーユルヴェーダ・パーソナリティ体質論総まとめ教科書」を執筆しました。 日頃のあなた自身が元気にイキイキと生きられるようになるヒントが沢山ちりばめられていますので、ぜひ【無料】でプレゼント中の今のうちに読んでおいてくださいね。
ayurveda_type

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

崎原みえ

インドの伝統医学・アーユルヴェーダ専門サロン&スクール【Ravi】代表 / サロン開業の為のアーユルヴェーダ・セラピスト養成通信講座や、女性のためのはじめてのアーユルヴェーダ講座も開講し、講師としても活動しています。

⇒詳しいプロフィールを見る