健康的に痩せるにコレを知らないと損!アーユルヴェーダ食事

健康美ダイエット

女性であれば、誰もが、ボディラインのバランスも良く、お肌も綺麗に、健康的に美しく

 

自分の魅力を高められるようにダイエットをしたいと思いますよね。

 

 

食欲が湧かなくてご飯の量が減ったから、なんだか痩せた気がする

 

暑くて汗をたっぷりかいていたし、体重が減った気がする! 」
と、一見、ダイエットに効果的なようですが…実はそれ、逆効果かも?!

 

ダイエットと言っても
体重だけを減らして、肌荒れや、体調が悪くなるような方法はNG!!

 

 

今回は
健康的に痩せたい時にNGな行動と
アーユルヴェーダ的ダイエット食
についてまとめてみました!

 

健康的に痩せたい時にNGな方法5つ!

 

実はその行動が痩せにくい身体を作ってる…?!

 

心当たりはありませんか??

 

1、冷たいものを多く摂る

冷たい飲み物

冷たいものを撮り過ぎるのはNG

 

体温より低い温度の飲食物が体内に入ることで、内蔵に負担がかかり代謝・消化の力が落ちます。

 

内蔵の温度が一度下がると、

基礎代謝が約12%低下し、1日に消費するカロリーも100〜200kcal下がってしまうのだとか。

 

冷たい物を飲みたい時は、冷蔵庫から出してすぐのキンキンに冷えた状態で飲むのではなく

グラスに汗をかかせて、少し時間を置いたくらいで飲むようにしたり、常温で飲むようにする!

 

2、準備・復食期間を作らず食事抜き(断食)ファスティング

野菜スムージ/ファスティング

断食・ファスティング/準備・復食も大切に!

 

断食する前、断食した後、

また、ファスティングの前後にも準備期間・復食期間が必要です!

 

テレビで見た!雑誌に載ってた!流行っているから・・・と、

酵素ドリンクをネットで買ってファスティングに挑戦してみた!断食してみた!

と、知識なく、ただ取入れるだけだと、逆効果。。。

 

健康の為、美容のため、ダイエットのために、と、

せっかく頑張って挑戦したのに逆に体に負担となっていることも。

 

不安なくはじめられる、「朝だけ・夜だけ」などのプチ断食から挑戦してみましょう♪

 

3、不規則な生活、睡眠時間が少ない

睡眠規則正しく寝る

十分な睡眠は健康・美容・ダイエットに効果的

 

忙しいとどうしても不規則な生活になりがち。

仕事が終わった遅い時間から食事を摂ったり、寝る時間が遅くなり睡眠時間がほぼ取れなかったり・・・そんな経験ありませんか?

どちらも体の負担となり、痩せにくい体へまっしぐら。

 

遅い時間からの食事は太る・・・という意識はあると思いますが、

実は、寝る時間が少ないのも太りやすくなりますよ!

 

コロンビア大学の研究で、睡眠時間が7時間の人に比べ、5時間では52%、4時間だと73%も肥満率が高くなることが明らかになりました。

また、シカゴ大学の実験では、睡眠時間が短いと食欲を抑えるレプチンの分泌が減ることもわかっています。

 

(引用:FYTTEweb/やせワザ/http://fytte.jp/tips/rakuyase/1406/7_2.php)

 

4、激しい運動をしてエネルギー消化する

ランニング・有酸素運動

運動は軽いランニング・有酸素運動がおすすめ

 

激しく息が切れるような運動をすることでエネルギーは消耗してますが・・・

次の日に疲れが残っているのにそんなに痩せた気がしない。。。

という経験ありませんか?

 

気になる脂肪を燃焼させてスッキリさせたい!という場合は

有酸素運動でゆっくり体を動かしてジンワリ汗をかける程度の運動の方が

効果的に脂肪を燃焼させられます!

 

アーユルヴェーダ的にオススメしている運動量は、

『 個人に合った体力の半分まで 』が良いと言われています!

 

適度な量で、無理をせず、やり過ぎず、ジンワリ汗をかいて
“呼吸が乱れない程度” です。

 

 

5、◯◯のみ=単品食のダイエット

りんごダイエット

単品ダイエットより体質に合わせた食事バランス

 

リンゴダイエット、ヨーグルトダイエット、こんにゃくダイエット、バナナダイエット

などなど。単品食でのダイエットは短期的には痩せるように感じますが・・・

 

 

美容面、健康面、全てのバランスを考えると、これは避けたい方法ですよね。

 

 

健康的に痩せる!アーユルヴェーダ的ダイエットに効果的な食事

 

 

バランスの良い食事

誰がどのように何を食べるか。食事バランス大切

 

アーユルヴェーダでは、栄養素やカロリーよりも、

 

“何を食べるか”
“どのように食べるか”
“誰が(どのような体質の人が)食べるか”

 

十分に注意することが

健康で美しいカラダを作る食事法として大切だと考えます。

 

 

アーユルヴェーダの体質に合わせた食事法を取入れる場合、

もしあなたが

 

■体重が増加した、体が重い・怠い・むくみやすい、冷え、眠気が取れず動きが鈍い・・・

 

などのように『カパが乱れている時の症状 』がある場合

 

ダイエットの強い味方となるのが、
アーユルヴェーダで考えるカパを整える食べ物を摂ることです!!

 

 

カパを整えて体がスッキリする食事をとる

スパイス刺激

体を温めるスパイス【辛味・苦味・渋み】をとる

 

カパ体質・カパを整える味 =『辛いもの』『苦いもの』『渋いもの』

 

 

【果物】:りんご、杏、いちご、サクランボ、干しいちじく、マンゴーなど!

逆にレモンやオレンジなどの酸味のある果物は

体重が増えてカラダが重だるい時(カパが乱れている時)には避けたほうが良いとされています!

 

【野菜】:ほうれん草やニンジンなどの緑黄色野菜


渋味のあるキャベツやキノコ類

そして辛味のあるニンニクや玉ねぎ、生姜など、野菜中心の食事がオススメ。

 

ただ、サツマイモやトマト、
ズッキーニやキュウリなどは体重が増えてカラダが重だるい時(カパが乱れている時)は避けた方がよい
いとされている食物です。

 

また、冷たいサラダではなく、できれば煮たり茹でたりして、
温野菜に
して食べるようにすることをオススメします♪

 

【甘いもの】:非加熱の生ハチミツ

※ はちみつは、甘味の中でも唯一カパを減らすので、
ダイエット中でもオススメ
されている食物です

 

《摂り方》

朝、小スプーン1杯、または、

空腹時に摂るようにすると効果的です!

 

【スパイス】:トリカトゥ(長コショウ、黒こしょう、生姜パウダー)、ウコン!

 

ダイエットや冷えにも効果的『消化力』を高めるための
スパイスも活用することをオススメします!

 

 

健康的に痩せるには、まずは自分の体質を知る

カラダバランス

自分の体質を知り、バランスを整える

健康的に痩せる方法は
とにかく自分自身の体質を知り、体調に沿って
“ 体バランスを整えること! ”

 

たくさんの痩せる方法(ダイエット法)、美容法、健康法がある中

 

本当に自分に合った方法で行うことが、

最も効率良く効果的に、そして

心にもカラダへも負担がなく結果に繋がる方法です。

 

 

まとめ

ダイエット

自分の体質や体調に沿ってバランスを整える

 

にがりダイエット、りんごダイエット、炭水化物抜きダイエット、
など、たくさんのダイエットを試してみましたが

 

やはり全てのバランスを考えると、

結果的に、嬉しい変化や効果は現れません。

 

 

健康美に繋がる方法は、体質や状況に合わせて、
食事、運動、睡眠、などをバランスよく行い取入れること!

 

“ 自分の体質や体調に沿ってバランスを整える”ことで、
自然と本来のあなたのあるべき状態へと近づいていきます。

 

健康的に痩せたい時は、一時的で短期的な効果を望んで無理な方法で行うのでなく、

負担なく続けられる、自分に合ったものを活かす事が大切ですね。

 

:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

☆ E-book 無料プレゼント☆

アーユルヴェーダを学んでみたいあなたぺ・:,。゚・:,。

アーユルヴェーダセラピスト講座 入門編

 ■【 アーユルヴェーダ体質診断 総まとめ集 】完全保存版☆

わたしが2,000人以上の体質診断カウンセリング経験で得た体質別データー全公開!

▼ ▼  ダウンロードページへはこちらからどうぞ〜♪ (^^*)  ▼ ▼

e-bookプレゼント画像

【無料プレゼント】アーユルヴェーダ体質診断の総まとめ集


健康美ダイエット

今までのわたしの体質診断のノウハウを入門テキストとして ギュギュっとまとめて、しかも無料で配布することにしました。『あなたの体質を診断してみませんか?』

MIE
はじめての方でもわかりやすく!をテーマに、「《入門編》アーユルヴェーダ・パーソナリティ体質論総まとめ教科書」を執筆しました。 日頃のあなた自身が元気にイキイキと生きられるようになるヒントが沢山ちりばめられていますので、ぜひ【無料】でプレゼント中の今のうちに読んでおいてくださいね。
ayurveda_type

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

崎原みえ

インドの伝統医学・アーユルヴェーダ専門サロン&スクール【Ravi】代表 / サロン開業の為のアーユルヴェーダ・セラピスト養成通信講座や、女性のためのはじめてのアーユルヴェーダ講座も開講し、講師としても活動しています。

⇒詳しいプロフィールを見る