女性が男性に比べて長生きなのは?体内浄化とストレスの関係

突然ですが!女性のあなたに質問です。

 

あなたは、

生理がはじまった日、初めての生理の日を覚えていますか??

 

女性が一生のうちに、生理がある期間

 

平均で約35~40年間と言われます。

 

また、女性が一生の内に

排卵する卵は約500個と決まっているそうです。

 

a500cb9d9fc6c4faf9c1c4bacc58762f_s

 

では、

健康な女性の場合は、通常1ヶ月に1回

必ず『月経(生理)』が訪れますが、

 

一生涯過ごす中で、

おおよそどのくらいの期間を『生理日』として過ごすのか

考えてみたことはありますか??

 

毎月、平均5日間~7日間が生理期間として計算してみると、、、、

 

 

一年で約70日間は生理期間っ!!

 

そして、

 

なんとっ!!

 

一生涯の中で考えると、

約6年半以上もの期間を『月経(生理)日』として過ごすことになります。

 

人生でそんなにも長い期間、

女性は『月経(生理)』と付き合いながら過ごすのです。

 

今回は、この、わたしたち女性の体にとって

凄~く大切な【生理】と絡めて、

(女性の強さ、長生きの秘密?!)

体内浄化とストレスについてをお伝えします!

 

普段、

『生理不順』や『生理痛』、

『過少月経』、『月経過多』

 

などの生理に関してのお悩みがある方や

ストレスを抱えている場合

原因や、ケアの方法を知ることで

 

生理の期間の辛さや不安

大きく解消されてきますよ。

 

 

女性が、男性にくらべて長生きなのは?

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s

 

生理の期間は

身体の『毒素排出、毒出し』として、

としても重要な期間です。

 

アーユルヴェーダでも、生理の期間は

「体の浄化期間」と考えられています。

 

そして、

女性が、男性にくらべて長生きなのは、

このように、生理や出産など、

 

“ 体に蓄積された毒素を

 体外に排泄する機会が多いため ”

 

だとも言われているそうです。

 

“何ヶ月も生理がない”というお悩みや

経血の色が “黒色がかっている” または

茶色がかっている” というような

 

出血が少量だけで

3日以内で終わる月経過少の症状、

 

また下腹部の痛みが強く、痛み止めがなければ

動けない程つらい、など

 

あなたにも、そのような『生理不順』『生理痛』

生理に関わるお悩みはありませんか?

 

アーユルヴェーダでは、

『生理痛などの痛みを伴う生理不順』

基本的に

風の質・冷えや乾燥などを持つ質(=ヴァータ)の悪化

により引き起こされる症状だと考えます。

 

精神的ストレス過多 や 忙し過ぎる生活

不規則な生活リズム

体を冷やす食事、

などが主な

生理痛を引き起こす

(=ヴァータを悪化させる)原因です。

 

精神的ストレスをかかえていませんか?

f5b58c77269a75b4a404f6031cb51a0a_s

 

体内浄化 “ 生理 ”に影響を与える

ヴァータの悪化

以下のような時にも起こります。

 

 

・忙しく動き回っていたり、過剰な運動をする

・体の状態や消化力に合わない誤った食生活

・ダイエットなどの食事制限

・精神的にも、身体も疲れ過ぎること

・夜更かしをするなど、不規則な生活

 

このようなことがヴァータを悪化させ、

毎月くるはずの『生理(月経)』周期の乱れ

血液の量が少なくなったり、

辛い生理痛などを引き起こす結果となるとも考えられます。

 

特に

 

精神的な刺激過度にストレスを受けることは

精神状態ホルモンのバランスに大きく関わってきます。

 

仕事を一生懸命に頑張っている女性や、

子育てや家事周囲との人間関係で

 精神的に負担を感じていたり…

 

・心配すること

・不安を感じること

・感情的な刺激、過度なストレス

・悲しいこと、落ち込むこと

 

それらはヴァータの悪化に繋がり、

そして、生理痛や生理不順にも影響します

 

ストレスが影響?!生理痛などの痛みを伴う生理不順へのオススメ対処法

c67f7a484ae1038ebea4246358e2933d_s

 

落ち着いた環境で生活している人よりも、

競争の激しい環境で生活をしている人のほうが、

生理に関わる問題が現れやすい

と言われています。

 

そんな、

 

生理のお悩みに関しての対処法として、

次のようなことを生活に取り入れてみることをオススメします♪

 

1、消化しやすく、適度に脂質を含み、

冷たい飲食を避けて温かい食事をとる

 

アーユルヴェーダ的

ヴァータを緩和する食事を摂るように心がける)

 

2、夜更かしをしないように心がけて、

一日の生活リズムを規則正しくする、

 

など生活習慣の改善をすることで

生理に関する不調の原因となる

ヴァータの悪化を鎮めて

バランスを整えることができます。

 

まとめ

035a06be4f71486d9cf2ddb7e295627b_s

 

現代に生きる私たちは

仕事、子育て、家事など忙しさからのストレス

職場や周りとの人間関係からのストレスなど

 

さまざまな場面でストレスを受けて

精神的・カラダに影響を受けています。

 

また、それに加えて

食、生活習慣などからも、

精神的・カラダへの影響を大きく受けている、

ということを、

あなた自身の心身の変化を通じて

感じるのではないでしょうか。

 

・過度なストレス

生活習慣の乱れ

・外食が続いていたり偏った食事

 

あなたも、体のリズムを乱している行動として

思い当たるものがいくつか出てくると思います!

 

すべてを一機に変えたり我慢するのではなく、

少しずつ、出来ることからでも改善していけるように

自分の身体に意識を向けてみてはいかがでしょうか。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

☆ E-book 無料プレゼント☆

アーユルヴェーダセラピスト講座 入門編

 ■【 アーユルヴェーダ体質診断 総まとめ集 】完全保存版☆

わたしが2,000人以上の体質診断カウンセリング経験で得た体質別データー全公開!

 

▼ ▼  ダウンロードページへはこちらからどうぞ〜♪ (^^*)  ▼ ▼

 

E-book画像

 

今までのわたしの体質診断のノウハウを入門テキストとして ギュギュっとまとめて、しかも無料で配布することにしました。『あなたの体質を診断してみませんか?』

MIE
はじめての方でもわかりやすく!をテーマに、「《入門編》アーユルヴェーダ・パーソナリティ体質論総まとめ教科書」を執筆しました。 日頃のあなた自身が元気にイキイキと生きられるようになるヒントが沢山ちりばめられていますので、ぜひ【無料】でプレゼント中の今のうちに読んでおいてくださいね。
ayurveda_type

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

崎原みえ

インドの伝統医学・アーユルヴェーダ専門サロン&スクール【Ravi】代表 / サロン開業の為のアーユルヴェーダ・セラピスト養成通信講座や、女性のためのはじめてのアーユルヴェーダ講座も開講し、講師としても活動しています。
⇒詳しいプロフィールを見る