自分でできるデトックス方法♪簡単!若返り美容マッサージ

エステサロンやリラクゼーションサロン、美容サロンなどでトリートメントを受けた直後は

むくみもとれて全体がスッキリと軽くなり、カラダが楽になりますよね。

 

お肌の調子もよくなり、明るくプルプルになっていたり、体のラインもなんだか整っていてきれいになっている…

など嬉しい変化を感じますね^^*

 

ただ、時間が経つと、やっぱり戻ってしまうもの。。。

 

 

「このベストな状態をできるだけ維持できたらいいな~」

「自宅でも、自分なりに少しでもケアが出来たらいいな~」

と思いませんか?

 

そこで今回は、

ご自宅でも自分でできる!セルフマッサージの方法についてまとめてみました!

 

日々、心身のケアとして取入れることで、デトックス&美容効果が高く得られる♪

若返りの美容ケアで人気が高い、

「 アーユルヴェーダ的セルフマッサージの方法」をご紹介します!!

 

セルフケアを取入れることで、

 

・アンチエイジング効果

・美肌効果

・お肌が潤う

・むくみ解消

・代謝アップ(ダイエット効果)

・便秘解消

 

などなど女性には嬉しい様々な効果がたくさんあります!

もちろん、カラダだけではなく

リラックスして気持ちを癒すことで、精神面=心のデトックスにも効果的

 

そして、オイルを使ったマッサージセルフケアは、乾燥肌の方は特に!

 

夏の時期の冷房による乾燥対策や

秋〜冬時期のカサカサにもお勧めですよ♪

 

 

自分でデトックスマッサージを効果的に行なうポイントと注意点

セルフマッサージ

自宅で簡単!自分で出来るセルフマッサージ

 

 

◎マッサージの後は、15分~35分はオイルを身体につけたままにして吸収させ、それから温かいお風呂に20分~40分ほど半身浴をすると効果的です!

 

時間が無い時はシャワーで洗い流すだけでもOKです。

 

●お風呂に入る目的は、オイルを洗い流すことだけではなく、アーユルヴェーダ的考え方として、発汗療法と言われる解毒を促すための重要なポイントです。

大量の老廃物が汗とともに排出され、さらに発汗することで毛穴が開き、皮膚が滑らかに保たれます。

 

 

●マッサージをする時は、暖かいお部屋でタオルを下に敷いて、身体へもタオルを巻いて温かい状態にして行ないましょう。

皮膚をマッサージすることで血行を刺激し、リンパの流れを促進して、アーマ(毒素)の排出を促します。

 

 

【注意すべきこと】

※風邪を引いている時や、体調の悪い時、生理3日目まではマッサージを避けるように。

(アーユルヴェーダでは、生理期間中は浄化期間だと考えられていて、その間のマッサージはお勧めされていません。)

 

 

 

自分でデトックスする時の体質別・タイプ別のオイルとマッサージ方法

 

 

ハーブオイル

タイプ別に合わせたハーブオイル

 

アーユルヴェーダのトリートメントで使用するオイルは「 ゴマ油 」が一般的ですが、実は、それぞれの体質やドーシャのバランスによって、お勧めとするオイルが異なります。

 

アーユルヴェーダでは、自分の体質やその日の体調、季節、時間帯、などに合わせてマッサージの方法やオイルの種類等を調整することで、より効果的に身体に働きかけることが出来ると考えます!

 

それぞれの体質に合わせたオイルや方法をお選び行うとよいです♪

 

自分でできるデトックス☆体質別セルフマッサージの方法とオイルの種類

 

フェイシャルセルフマッサージ

自分でできるフェイシャルセルフケア

 

◎自分の体質が分からない!という場合は、

記事下にある関連記事紹介の【アーユルヴェーダ体質診断】を行ってみてくださいね♪

 

 【ヴァータ体質のあなた】

 

ヴァータは風の性質をもち乾燥しやすい体質なので、ヴァータ体質の方、ヴァータの増悪でバランスを崩している状態のときには、オイルによる全身マッサージがもっとも適しています!

*ヴァータはオイルを温めて使うと効果的

 

お勧めのオイルは:ゴマ油、スイートアーモンドオイル,オリーブオイル、椿油などです。

 

最も適しているのは、ゴマ油。抗酸化作用があり、皮膚を強くし、菌の感染や太陽の有害な影響から守ります。オイルは必ず人肌に温めてから使いましょう。

ヴァータ体質の方は朝の日課として毎日セルフマッサージを行なうのが望ましいとされていますきらきら!!

 

■マッサージのやり方

ヴァータタイプへのマッサージは、重くゆっくりと心を落ち着かせるようにやさしいタッチで行います。

 

 【ピッタ体質のあなた】

 

火の性質をもつピッタ体質、ピッタの増悪でバランスを崩している状態には、冷却効果のあるオイルを選び、行ないます。

*ピッタはオイルの温度はあまり高くしないように気をつけます。

 

お勧めのオイルは:ココナッツオイル、サンダルウッド、ヒマワリ油などです。

 

ただ、〔体質を問わず〕熱を持つ場合、炎症、発赤、出血性症状など火の性質が上がっているときはアビヤンガ(オイルマッサージ)は禁忌とされているので気をつけましょう!!

ピッタ体質の方はセルフマッサージを週2~3回のペースで行なうのが良いとされています。

全身又は頭頂、耳、手、足の裏など部分的なオイルマッサージをお勧めしていますキラキラ

 

■マッサージのやり方

ピッタタイプへのマッサージは、あまり強い圧や鋭い刺激ではあなく、柔らかく滑らかなタッチで行います。

 

【カパ体質のあなた】

 

水の性質をもったカパ体質の方、明らかなカパの増悪がみれる場合でバランスを崩している状態の方には、オイルマッサージ〔主に全身〕は一般に勧められません。

*カパはオイル無しマッサージがお勧めです。

 

ただ、オイルを使用する場合は:マスタードオイル、ホホバオイル、ごま油などを使用し、全身ではなく頭頂、耳、手、足の裏など部分的なオイルマッサージを。

 

カパ体質の方へは、オイルの代わりに、ガルシャナ(乾布摩擦)で末梢→中心方向(毛の生えている流れとは逆方向へ〕に行うことをお勧めしています。

 

ガルシャナで水のエネルギーが調ったあと、オイルマッサージを軽く行なうとよいでしょう。

 

セルフマッサージのペースは、週2~3回のペースでよいとされています。

 

 

■マッサージの方法

カパタイプへのマッサージは、リズミカルで少し刺激のある圧で早めのタッチがお勧めです。

 

 【複合体質のあなた】

 

多くの場合、ヴァータ、ピッタ、カパのうち二つ以上の体質がをもつ複合体質がほとんどです。

その場合は、各タイプのセルフマッサージ法を参考に、その時々の状態をみて、バランスを崩しているエネルギーを調整するマッサージを行なうと良いでしょう!

 

 

 ◎自分でできる!セルフオイルマッサージの方法

 

自分でできる!腰のセルフマッサージ

自分でできる!腰のセルフマッサージ

 

 

◎基本的に朝行うのがお勧めされています。

◎お部屋は暖かくし、床に温かいタオルを敷いて、身体が冷えないように身体にタオルを巻いた状態で行ないましょう!

 

◉頭のてっぺんから始めて、足の先で終わりにします。体の下の方へ下りて行くようにマッサージを行いましょう!

 

☆ポイントとしては、頭、耳、足裏の三カ所です。

 

 

 自分でできるデトックス☆セルフマッサージの方法

【1】頭 ~頭頂

頭皮のマッサージをする時は髪を洗う時のように、指先を使います。

髪の生え際から始めて、頭の両サイドを首までをくるくる回しながら頭皮全体までをマッサージします。そして頭頂の「アディパティマルマ」も刺激をします。

眼精疲労、頭痛、不眠などに効果的です。

 

【2】顔 ~耳~額~こめかみ

 

耳の端〜みみたぶを親指と人差し指でつまんで上〜下数回マッサージ。

 

額に移ります。額は眉間の位置にある「スタパニーマルマ」を刺激します。〔癒しのホルモンといわれるメラトニンが分泌されるのを助けます。〕

指をこめかみに向かって外へと動かします。

こめかみは、小さな円を描くようにマッサージして、頬とあご、それに鼻の上など顔全体をマッサージします。

 

【3】首、肩、腕 ~喉

 

首の「ニーラーマルマ」を刺激すると若返りのホルモン(パロチン)がわいてくるとされています。

首から喉は両手で挟んで下から上に向かって流すようにマッサージ。

そのあと手を肩甲骨辺りに置いた状態から、髪の根本に向かってなで上げます。

 

そして、肩から腕へ凝りのある所は少しほぐすようにマッサージしてみましょう。

先に右腕、次に左腕を、しっかりと上下に手を動かし、関節〔肘と肩〕は円を描くようにしてマッサージし、リンパ液がつまりやすいところをスムーズに流しましょう。

 

 

【4】手

 

手の中央には「タラフリダヤ」というマルマがあり、全身にとって重要なマルマです。

丸く円を描くようにマッサージします。

 

 

【5】胸、お腹

 

胸の中央は「フリダヤマルマ」、おへそは「ナービマルマ」,おへその下は「バスティマルマ」など体の中央の重要なポイントです。

腹部は時計回りに円を描いてマッサージします。手のひら全体を使ってあまり力を入れずに、らせん状の円を書きましょう。

 

【6】背中とお尻 ~腰~ウエスト

 

次に立ち上がって、背中とお尻を、手のひらを上下に動かしてマッサージします。

腰やウエストにも「ニタンバマルマ」のように多くのまるまがありますので、疲れをとるように

十分にマッサージします。

 

【7】脚全体 足~足裏

 

脚は腕と同じように、まず右、次に左をマッサージします。

膝と足首の関節〔膝と〕は円を描くようにします。

 

足は、爪先から足首に向かってさすってから、逆に爪先に向かってさすります。

足裏は中心にある「タラフリダヤ」、くるぶしの「グルパマルマ」への刺激がプラーナ(気)の流れを良くする助けになります。

親指を使って、小さくらせんを描くように、指先に向かってマッサージします。

足指を一本ずつきつく握り、指と指の間もマッサージします。

 

これらのオイルマッサージを10分~15分程行なったあと、オイルを吸収させるために15分程度そのまま放置し、それから温かいお風呂で20分~40分程の半身浴をします。または時間が無い場合はシャワーを浴びて流しましょう。

 

参考書籍:アーユルヴェーダ入門 上馬場和夫・西川眞智子 著

 

自分でトックス☆むくみ、体の重さ、ダイエットに効果的な方法は・・・?!

 

ドライセルフマッサージ

むくみ解消!ドライマッサージ

カパ体質にオススメ!【ガルシャナ(乾布摩擦)】

カラダが重怠い、むくむ、気持ちが沈んで暗い時など…

(カパが増大している時には)

オイルをつかわないドライマッサージがおすすめです!

 

ガルシャナとは、絹の布や絹の手袋でカラダ全体を擦る乾布摩擦。

麻や木綿など優しい肌触りの天然布であれば、代用することも可能です。

 

できれば朝一番に、各所の皮膚を末梢→中心方向へ〔毛の流れと逆方向へ〕5分~10分ほど速めにこすりマッサージします。

 

時間がある時は20〜30分程かけて全身に行うと

新陳代謝が促され

普段、汗をかきずらい人でも汗がでるようになることもあります!

 

そのあと温かいお風呂に入って、毒素と老廃物が外に出るのを促します。

 

ガルシャナのドライマッサージでカパの水のエネルギーが調ったあとに、オイルマッサージを軽く行なうと良いですよ。

 

まとめ

綺麗なお肌

オージャスに満ちた綺麗なお肌へ!

 

アーユルヴェーダでは、オージャスという【生命の活力素となるエネルギー】を増やすためにも、

毎日のお勧め習慣(ディナチャリヤ)としてセルフマッサージを取り入れることをお勧めしています。

 

 

サロンで行うようなアーユルヴェーダの本格的なオイルマッサージは、たっぷりのハーブオイルと心地よいトリートメントの効果により高い効果が得られます!

その分、サロンに頻繁に通うことは時間的にも経済的に負担がかかりますが、ご自宅で自分でもできる手軽なセルフマッサージでも、効果が期待できてオススメです!

 

たとえ時間がない場合でも、重要なマルマポイントのある

耳、頭・顔、足だけでもセルフケアとして習慣的に行うと、数日後には嬉しい変化が期待できるはずですよ〜♪

 

 

 

◎関連記事◎

 ■「アーユルヴェーダ体質診断」自分の体質をチェックしてみよう♪

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

☆ E-book 無料プレゼント☆

アーユルヴェーダを学んでみたいあなたぺ・:,。゚・:,。

アーユルヴェーダセラピスト講座 入門編

 ■【 アーユルヴェーダ体質診断 総まとめ集 】完全保存版☆

わたしが2,000人以上の体質診断カウンセリング経験で得た体質別データー全公開!

 

▼ ▼  ダウンロードページへはこちらからどうぞ〜♪ (^^*)  ▼ ▼

 

E-book画像

【無料プレゼント】アーユルヴェーダ体質診断の総まとめ集

 

今までのわたしの体質診断のノウハウを入門テキストとして ギュギュっとまとめて、しかも無料で配布することにしました。『あなたの体質を診断してみませんか?』

MIE
はじめての方でもわかりやすく!をテーマに、「《入門編》アーユルヴェーダ・パーソナリティ体質論総まとめ教科書」を執筆しました。 日頃のあなた自身が元気にイキイキと生きられるようになるヒントが沢山ちりばめられていますので、ぜひ【無料】でプレゼント中の今のうちに読んでおいてくださいね。
ayurveda_type

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

崎原みえ

インドの伝統医学・アーユルヴェーダ専門サロン&スクール【Ravi】代表 / サロン開業の為のアーユルヴェーダ・セラピスト養成通信講座や、女性のためのはじめてのアーユルヴェーダ講座も開講し、講師としても活動しています。
⇒詳しいプロフィールを見る