『発汗』によるデトックスの方法。毒素排出で健康と美容に!

私たちは日々口にするものや

日常で使用しているものの含有物から

多くの添加物や科学化合物を体内に取入れてしまっています。

 

調べによると日本人は、

1年で1人当たり約4キロ分

食品添加物を体内に取り込んでいるそうです。

 

毒素を溜め込んだカラダ

そのままにしてしまっていませんか?

 

そこで今回は、

いくつかあるデトックス「毒素を出す」方法の中で

汗からのデトックス方法について

ポイントをご紹介します!

 

 

日々、都会の中で仕事をし生活していくことを考えると

口に入れるものや肌に触れるものなど

どんなに気をつけていても、

 

全ての添加物化学物質などを避けるのは

とても難しいことです。

 

また、神経質になり過ぎるのも

多くのエネルギーを消費し、人によっては

ストレスにも繋がってしまうこともありますよね。

 

それでも、「避けるのは難しいから、無理だ。」

と、そのままにするのではなく、

 

視点を変えて、「体内に入って来たもの」を

「《毒素を》溜めずに出すこと」

自分自身のカラダを守る

手段の1つになるのではないでしょうか♪

 

 

じんわり発汗させて脂肪を含んだ汗を体外へ!

a2addf493eae6908e858af66cc780bfc_s

 

人間の汗の種類は2種類あり

 

・エクリン線

・アポクリン腺〔+皮脂腺〕

 

エクリン汗腺からでる

 

塩化ナトリウム、尿酸、アンモニア、アミノ酸、カリウム、クレアチン、尿素、水

 

と、尿とほぼ同質の汗と言われています。

 

そして、

 

アポクリン汗腺+皮脂腺からの

 

植物、空気、水などから

体内に取り込まれた、化学物質

(水銀、カドミュウム、ダイオキシン、

鉛等の重金属、

農薬、受注剤、食品添加物)

活性酸素(ヒドロキシラジカ)などで

 

体の脂肪に溶け蓄積されたももの(毒素)

汗と共に排出される!

と言われているのです。

 

つまり、

私たちがデトックスとして必要な汗は

皮脂腺、アポクリン腺からの汗

ということが言われています。

発汗で皮脂腺、アポクリン腺からの汗を出すには?

73973ba605092026edd21eaca68bf9f5_s

 

では、どのような時に

アポクリン腺・皮脂腺から

汗がでてくるのでしょうか?

 

・遠赤外線効果のあるサウナ(波長が8~14ミクロンの波長の物がよい)

・低温でのお風呂や温泉にじっくり浸かる

・過酷な運動

・有酸素運動15分以上

 

このようにしてジンワリ、じっくりと体の奥・芯から温めた時に出る汗は

鉛等の重金属、化学物質を体外に排出させるための汗です。

 

発汗の中でもエクリン線の働きは??

22699efb17d9d88635d421da34bfb7cf_s

 

そして、エクリン線は

 

・気温の上昇

・入浴(高い温度のお風呂、温泉)

・サウナ(乾式)

・通常の運動・スポーツ

・解熱剤服用

 

など、上記のように

温度上昇などによって体温調整のため

表面だけでる汗です。

 

このようなエクリン腺からの汗には

毒素は排出の働きは無いようです。

 

発汗の量が違う?!生まれた環境で数が決まるもの?

701b24e91e782e852646340e69225507_s

また、人は生まれてから

3ヶ月程で汗腺の数が決まるそうです。

 

なので、北海道生まれの方の汗腺

九州・沖縄生まれの方の汗腺では、

数にも10%程違いがあるそうなのです!

 

時々、夏の暑い日などに

「汗っかき!」と感じる人もいるようですが

汗腺の数が多い方に比べると、

 

少ない方の方が、汗の出る場所が限られるという違いから、

汗っかきに感じることがあるようですよ!

 

発汗の汗はの色は百人百色・・・?!

57832e5a11a4253138e1e4f0c44d0750_s

 

そして

実は、汗にも個々によって

色や成分の違いがあるって知ってましたか???

 

それぞれの状態や含まれる成分(毒素)の割合も違うのだとか。

 

濃い黒色の汗や、濃い褐色の汗、逆に透明に近い色の汗など

色の違いや成分の違いは何から生じるかというと

 

実は…

 

“汗と共に毒素を体外に出せているか” 

 

という違いなのです。

 

汚い色の汗は、病気の人や悪いイメージがありますが、

綺麗な色の汗の場合は逆に

体外に、有害物質を排出できていない状態だと言われます。

 

ですので、

体外にきちんと毒素、有害物質を排出できている状態こそが

濃い黒色の汗や、濃い褐色の汗、なのです。

 

「発汗」でデトックス☆アーユルヴェーダ発汗法

step5-2オイル垂れる

 

重金属や有害物質などの

毒素を体外へ出すための発汗法として

 

アーユルヴェーダのトリートメント法

スウェダナ“(発汗法)・ピンダスウェダ(ハーブボールに近いもの

もそれに当たります。

 

ハーブボール

 

 

アーユルヴェーダの治療の要として

重要な役割を果たす

 

・薬草・煎じ薬・岩塩・油剤

 

これらをを使うことで、

 

温められた植物や、ミネラルが

体内の有機物と共鳴することによって

 

皮脂腺、アポクリン腺からの発汗がより増進し

毒素の排出(デトックス)が行なわれることが

研究の結果で分かっています!

 

まとめ

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s

 

デトックス毒素排出のために

皮脂腺・アポクリン腺からの汗を出すためには

 

・低温のお風呂に15~20分以上浸かって、ジンワリ汗を出すようにする

・遠赤外線効果のあるサウナや発熱体(8~14ミクロンが良い)によって発汗させる

・息が切れない程度の運動(有酸素運動)を15分以上行なう

 

逆に、

 

激しい運動での汗、気温が高くなってかく汗、高温で短時間入るお風呂では、

 

毒素が排出される汗皮脂腺、アポクリン腺からの汗)を出す事ができないです。

 

アーユルヴェーダの言葉で

“汚れた布は、一度洗い流して汚れを落としてからでないと綺麗に染まらない”

ということが言われています。

 

良いものと言われる食べ物やサプリメント

そして、美容ドリンクや栄養剤なども

 

体内に毒素が溜まっている状態で摂るよりも

体内の毒素を排出して綺麗になった状態の体へ取入れる方が

より良い結果に繋がります。

 

良いものを摂るより、まず、カラダに溜まった悪いもの出す事!

 

今回は“汗”についてのデトックスをまとめてご紹介しましたので

日々の中でも比較的意識しやすく、簡単に取入れやすいデトックス法ですよね♪

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

☆ E-book 無料プレゼント☆

アーユルヴェーダセラピスト講座 入門編

 ■【 アーユルヴェーダ体質診断 総まとめ集 】完全保存版☆

わたしが2,000人以上の体質診断カウンセリング経験で得た体質別データー全公開!

 

▼ ▼  ダウンロードページへはこちらからどうぞ〜♪ (^^*)  ▼ ▼

 

E-book画像

 

今までのわたしの体質診断のノウハウを入門テキストとして ギュギュっとまとめて、しかも無料で配布することにしました。『あなたの体質を診断してみませんか?』

MIE
はじめての方でもわかりやすく!をテーマに、「《入門編》アーユルヴェーダ・パーソナリティ体質論総まとめ教科書」を執筆しました。 日頃のあなた自身が元気にイキイキと生きられるようになるヒントが沢山ちりばめられていますので、ぜひ【無料】でプレゼント中の今のうちに読んでおいてくださいね。
ayurveda_type

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

崎原みえ

インドの伝統医学・アーユルヴェーダ専門サロン&スクール【Ravi】代表 / サロン開業の為のアーユルヴェーダ・セラピスト養成通信講座や、女性のためのはじめてのアーユルヴェーダ講座も開講し、講師としても活動しています。
⇒詳しいプロフィールを見る