個人サロン開業/準備〜運営のノウハウ

セラピストの資格をいかしてサロン開業をしてスクール講師になるまで

セラピストの資格をいかして、個人でリラクゼーションサロンを開業しました。

セラピストの資格といえば、種類は無数にあります。

「セラピストになりたいな」
「サロンで働いてみたいな」
「将来、サロン開業できたらいいな」

などと考えたとき、

どんな資格を身につけたらいいんだろう。
わたしには何が合うのかな?

と、色いろ迷ったりするものですよね。

セラピストは国家資格?それとも民間資格?

「国家資格」と「民間資格」がありますが、
セラピストの資格は「民間資格」です。

例えば
アロママッサージやフェイシャルマッサージ、リンパマッサージなど、民間の団体や企業のスクールで取得した資格が当てはまります。

そして、「国家資格」はというと、

美容師や理容師、また、
柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師など、国の法律に基づいて取得した資格です。

わたしは、美容師の「国家資格」を取得していますが、
その他に取得した資格はすべて「民間資格」です。

アロマ・リンパマッサージセラピスト/タイ古式マッサージ/小顔フェイシャルマッサージ/痩身マッサージ/マタニティトリートメント/ロミロミ/アーユルヴェーダセラピスト

などなど…色んな技術を学んで資格を取得しましたが
実際にサロン開業して、現在も活用しているのは、その中でも限られた手技のみです。
(すべてが無駄になったのではなく、融合して取り入れています。)

リラクゼーションのサロン開業に「国家資格」は必要か?

ちなみに、セラピストがサロン開業するために、「国家資格」が必要かというと…
法的に必ずしも必要というわけではありません。

じゃあ、なぜわたしが美容師の「国家資格」を取得しているのかというと、
サロン開業を目的として取得したのではありませんでした。

わたしは、10代の頃「ヘアメイクアーティスト」になりたかったのです。
高校卒業と同時に沖縄という島国を飛び出し、大阪の美容学校に通いました。

(田舎っぺが、海外で活躍するヘアメイクアーティストを夢みてました(>ω<)) 結局、ヘアメイクの道にすすむのは諦めて、 とあるお大手メーカーの美容部員(化粧品販売員)として働くことになりました。 ですので、セラピストとしてリラクゼーションサロン開業のために「美容師国家資格」が直接役立っているのではないですが、美容に関わる仕事のベースとして知識や技術が役立っている気がします。

独立してアーユルヴェーダ専門サロンとセラピスト育成スクールを運営

その後、複数の店舗やスクールでエステティックやセラピストとしての知識や技術を学び、
レンタルサロンで独立スタートさせ、自宅サロン、マンション店舗サロンをオープンさせました。

14年の経験と、独立6年半の経験で得た知識やノウハウ、学んできたビジネスやマーケティングを教える「サロンビジネス講座」を開講しています。

これから同じ道を歩みたい方のために、サロン開業のための情報をまとめてご紹介していきます。